髪を乾燥から守る

髪の毛の正しい乾かし方

ドライヤーの熱は髪を傷めるのではと気にされている人は多いものです。
確かに、熱風を当てすぎるのは髪に良いことではありません。
しかし、それよりも良くないのは、濡れたままにしておくことです。

濡れた状態にしておくということが、髪の毛自体を傷めること、そして頭皮の乾燥につながります。
なので自然乾燥は避けて、入浴後にはドライヤーを使用してすぐに乾かしましょう。
早く乾かすためには、まずタオルドライをしっかりしておくことも大切です。
粗めのくしで髪を梳かすなどしながら、水気を落としておくと良いでしょう。
そのうえで、ドライヤーを用いてなるべく早く、十分に乾かしましょう。
熱風を当てるのが気になるという人は、タオルドライの後に、洗い流さないトリートメントやヘアオイルなどを髪に塗布しておくことをおすすめします。

頭皮や毛髪を乾燥から守る方法

乾燥はつやつや髪の大敵です。
ぜひ避けたいものですが、日常生活においても髪を乾燥させてしまう環境は多くあります。

春から夏にかけては、紫外線による頭皮や毛髪の乾燥があります。
外出時には、帽子をかぶったり日傘をさしたりして、紫外線対策をしましょう。
最近では髪の毛にスプレーするタイプの日焼け止めなどもありますので、特に長時間外にいる場合には日焼け止めの使用も考えましょう。
秋から冬にかけても、お肌と同様で季節的に乾燥を招きやすい状態となります。
また、冷房や暖房といった空調による乾燥も避けられません。
例えば朝のヘアセット時に、洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使用するなどして、うるおいを与えておきましょう。


正しいお手入れで、つやつやモテ髪を手に入れよう!

この記事をシェアする